名刺webを利用するメリットと注意すべき点

オリジナル性の高い名刺を容易に作成できます

名刺と言いますのは仕事には不可欠のアイテムといえます。以前までは必要最小限度の情報を表した名刺がたくさん使われていましたが、現在それが変化してきています。名刺webはこういった大事な名刺づくりの頼もしい味方といえます。国内のビジネスシーンで、名刺交換後、名刺ホルダーといった収納のためのケースに仕舞われて、必要に応じて情報そのものを得るためにピックアップされることが多いでしょう。そのタイミングで、どういった人物だったか思いだせなければビジネスチャンスは拡大しません。インパクトのある名刺に大事なことはデザイン性と写真である事が判明してきています。自分自身の分身の様な名刺をどういったやり方でインパクトの強いものにするかは肝要になってきます。ここにきて自分自身でオリジナル性の高い名刺をデザインするトレンドが拡がっています。その方法は多種多様で、利用し慣れたソフトウェアを活用することによってデザインしたものをwebを介して入稿して印刷して頂いたり、ブラウザスタイルのディスプレイで簡単にデザインして印刷するなどのメソッドがあります。名刺webにおいては自分自身のデザイン性をフォーマットに合わせるだけで容易に入稿することが可能な方式で、校正の手間を必要としないためスピーディーに手元に届きます。

名刺webサービスに関する基本知識

名刺webにおいてはウェブサイトよりダウンロードしたフォーマットに対して、自分自身のデザイン性を乗せ入稿データ数値を作り、サイトよりアップロードして印刷してもらうスタイルです。使い勝手が良いフォーマットに対してデザインを乗せるだけなのでとても楽です。支払い手法に関しては銀行振り込み若しくは代引きが使用できます。注文日に発送することから、多くの場合次の日にはお手元に送られてきます。銀行振り込みに関しましては、入金の確認後の発送となるのでゆとりを持たせた納期設定をすると良いでしょう。料金に関しては片面印刷のケースで100枚、1000円台で格安といえます。両面のフルカラーにおいても100枚2000円台というリーズナブルさです。

サービスを活用するにあたり注意すべき点

このサービスを利用する上で、オリジナル性の高いデザインを構築するのにIllustratorスタイルのみになっていることに気をつける必要があります。別のPhotoshopといったシステムでは応対していません。名刺サイズに関しては91mm×55mmとスタンダードサイズだけになっています。よく見かける失敗に関しては、デザインしたカラーと印刷物のカラーが異なっているというものです。これに関してはパーソナルコンピューターを利用することによってデザインした状況でのカラーの発色と印刷では誤差が出るということを知らないケースで起こります。パーソナルコンピューターではカラーは光の3原色の決まり事をベースにして発色していますが、印刷においてはCYMKの4色のインクを利用してカラー印刷を実施しています。パーソナルコンピューターを活用することによってデザインするときは優先してCYMKモードを活用するように頭に置いておくようにしましょう。

記事一覧